• ホーム
  • 得する株主優待と配当について学ぶ

得する株主優待と配当について学ぶ

日本円

現在、個人投資を始める方が多くなってきています。
NISAと呼ばれる税制優遇制度が導入されていることも相まって、多くの個人投資家が取引を行なうケースが多くなっています。
株式投資がその最たるものとして利用される機会が多いです。
株式投資と聞くと、株価の相場を常にチェックしながら売買を繰り返しているという印象を持つ方も多いかもしれません。

株式投資の醍醐味はそれだけではなく、配当金や株主優待制度を活用した長期のスタンスでの投資手法も人気になっています。
配当金とは、該当の会社が獲得した利益から株主に還元するもので、キャッシュバックと感覚が近いかもしれません。
株主優待制度とは、一定の株式数を持っている株主に支給されるもので、その内容は会社によっていろいろ定められています。
その会社の商品やサービスを購入することができる商品券を支給するケースが多くなっていますが、中には旅行券や一般的な金券などを支給するところもあります。

生活の中で便利に利用できるものが多いという印象を受けます。
配当金や株主優待をメインに株式投資をする場合に、その銘柄選択をするポイントとしては、まずは優待制度の中身を十分にチェックすることと、安定して配当金を配分している会社かどうかをチェックすることが重要になります。
また、配当金の会社全体の留保利益に対する割合もチェックしておく必要があります。

さらに、株式金額と配当金額及び株主優待の実質の価値から算出される利回りにも注意しておくべきです。
現在、女優の桐谷さんがニュース番組などで株式の利回りなどについて説明しているシーンが増えてきていますが、株式投資自体が庶民的に普及してきており、敷居が低くなったと感じます。
その分投資に関する情報が誰でも手軽に入手できる時代になってきています。
ほとんどの証券会社でインターネットを経由した売買注文を利用することができる利便性の高さが魅力で、今後もまだまだ利用者が増えていきそうです。

桐谷さんが株を始めた理由について知る

桐谷さんは一般庶民にとって株主優待は非常に魅力的だと判断して株式投資を始めました。
株主優待のある銘柄のほとんどは、単元株数だけ所有している人でも対象になります。
大株主も株主優待を受けられますが、単元株数だけ所有している人と内容に大差ない場合が多いです。

株主優待は、少額で株式投資をしている人にとって有利な制度と言えます。
少額投資だと配当はごく僅かな金額にしかなりません。利回りを計算しても2、3パーセントあれば良い方です。
株主優待で商品券を貰える場合には、配当の金額と比べて利回りがかなり高めです。
商品券なら投資している企業が運営する店舗で買い物をするときに、代金の支払い手段として使用できるため、お金とあまり変わりません。
配当と同じように、企業が生み出した利益を投資家にキャッシュバックしていることになります。

株主優待は生活に密着した内容のものが多いことも、桐谷さんが株を始めた理由です。
飲食店を運営している企業であれば、店舗を利用したときに使える割引券をなどがあります。
スーパーを運営している企業でも、株主なら常に一定割合の金額が割引になるなどのサービスが多いです。

店舗などで実施している株主優待のサービスは、優待券や優待カードをレジで提示すると受けられます。
優待券や優待カードは、権利確定日に株式を所有していた人に対して郵送されます。
配当や議決権に関する書類と同封されていることが多いです。
ほとんどの銘柄で1年に1回付与されますが、銘柄によっては1年に2回付与されることもあります。
他に長期間株式を保有している投資家を対象にした株主優待もあり、上手に利用すれば値上がり益や配当以上に得をします。

関連記事